新着情報ブログ

2017年10月10日 14時18分41秒 (Tue)

◆低迷中のチームを見事に残留させた苦労人・松下圭佑選手(モンゴル・シャリンゴルFC)

弱冠18歳の松下圭佑選手は、WPSCと出会ってから
この2ヶ月で最も濃密な時間を過ごしました。
 
7月1日開催の第10回世界プロサッカー挑戦セレクションに参加し、合格を勝ち取り、
代表取締役社長・辻勇(中国プロリーグ初の外国人選手、香港でも活躍)、
スカウト・森本高史と協議の上、モンゴルのクラブを紹介することになりました。

img_20171010-141921.jpg
img_20171010-141910.jpg

チンギスハーン国際空港に降り立った松下圭佑選手にとって、モンゴルの大自然や
モンゴル国民が待ちに待った「ナーダム」(相撲、乗馬、アーチェリーなど最大の祭典)
エンジョイする時間は存在しません。
 
空港からスタジアムへ移動し、スーツケースからスパイクと練習着を取り出し、
プロチームの入団テストに臨みました。
身振り手振りでモンゴル人選手とコミュニケーションを取り、
少しでも良いプレーを披露するために全力を尽くしました。

img_20171010-141946.jpg
img_20171010-142004.jpg
img_20171010-142011.jpg
img_20171010-142038.jpg
img_20171010-142045.jpg
 
移籍期間最終日に、名門シャリンゴルへの入団を果たしました。
 
シャリンゴルは、今シーズン、主力選手が引き抜かれたり、
怪我の影響で前期を終えて降格圏内に沈んでいました。
 
指揮官ムングントルガは、松下圭佑選手の期待をこう語りました。
 
「ここまでの成績は不本意の一言。だけど、もう過去には戻れない。
チームが残留を果たすために、松下圭佑選手と契約を決意した。
私の親友である森本高史が推薦した選手であり、大きな期待を寄せている。
若さという武器を前面に押し出し、ダイナミックにプレーしてほしい」
 
松下圭佑選手は、「持ち味は、豊富な運動量」と語るように、
日本とモンゴルのプレースタイルの違いに戸惑いながらも、試合中はずっと攻守に渡り、
走り続けました。土曜、日曜と2日連続の試合のときもありましたが、走り続けました。
そして、体を張って戦いました。
 
1ゴール1アシストという結果を残しました。
その裏には見えないハードワークがありました。
 
松下圭佑選手のセンセーショナルな活躍があり、
シャリンゴルは、見事に残留を果たしました。
 
来年、モンゴルでさらなる活躍を披露し、
ヨーロッパでプレーするチャンスをゲットする松下圭佑選手への応援よろしくお願いします。
 
 
【松下圭佑選手(マツシタ・ケイスケ)プロフィール】
◆生年月日:1998年11月12日
◆出身:神奈川県
◆国籍:日本
◆身長・体重: 171CM/63KG
◆利き足: 右
◆ポジション:左サイドハーフ、右サイドハーフ、FW
◆特技: ポルトガル語会話
◆主な経歴
西本郷FC
アストレイアFC
シャリンゴル(モンゴル)
 
<お問い合わせはお気軽に!>
プロサッカー選手を目指す熱きサムライにスペシャリストが的確にアドバイス!
10月27日進路相談説明会開催!

潟Cルマックス
TEL: 03-5638-8861
Eメール:info.irmax@gmail.com
公式サイト://irmax-soccer.com
公式ブログ://www.plus-blog.sportsnavi.com/wpsc

最近の記事一覧

アクセス数
ページビュー数
QRコード
携帯用QRコード