新着情報ブログ

2017年6月1日 12時52分02秒 (Thu)

◆第2のセリエ得点王・ブンデスリーガの英雄発掘へ!

第10回世界プロサッカー挑戦セレクション(7月1日開催)審査員に、元クロアチア代表イェルコ・レコ氏(クロアチア1部ロコモティバコーチ)を予定していましたが、来シーズンはユースチームで指揮を執り、トップチームから外れるため、不参加の報告を受けました。ロコモティーバ、古巣のディナモ・ザグレブ、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、ASモナコ(UEFAチャンピオンズリーグベスト4進出/フランス)などの監督、強化部長、役員などに就任した際に、来日し、セレクションを視察し、戦力を発掘したいと目を輝かせております。
 
新たに審査員に、元U21ボスニア代表監督イーブロ氏が決定。
エディン・ジェコ(セリエA得点王/ヨーロッパリーグ得点王)、イビシェビッチ(ヘルタ・ベルリン/原口元気のチームメイト)、ミラレム・ピアニッチ(ユベントス)をユース時代に発掘した名将であり、才能溢れる選手をワールドクラスのスーパースターに導くスペシャリストです。
イーブロ氏は、ハリルホジッチ日本代表監督、ミハイロ・ペトロヴィッチ浦和レッズ監督とは、現役時代に旧ユーゴスラビアリーグ時代二位毒となく対戦しているいわば戦友です。
第10回世界プロサッカー挑戦セレクションから、ジェコ・イビシェビッチを超える世界ナンバーワンの選手の発掘します!
皆様の参加をお待ちしております。
img_20170601-130154.jpg
 元U21ボスニア代表監督イーブロ氏コメント
「第10回世界プロサッカー挑戦セレクションを視察できることを大変嬉しく思います。代表取締役社長・辻勇氏(中国リーグ初の外国人選手)、スカウト・森本高史氏、関係者の皆様には感謝の気持ちで一杯です」
「私が、エディン・ジェコをU−21ボスニア代表に召集したとき、彼は無名で国民から反発があった。しかしながら、私はすばらしい選手だとわかっていたので、信念を貫いた。その後のブンデスリーガ、プレミアリーグのセンセーショナルな活躍を見せれば、私の決断が正しかったことが証明されております」
「イビシェビッチ(ヘルタ・ベルリン)も無名のときにU−21ボスニア代表に召集した。アメリカ留学を強制的にキャンセルさせ、当時パリSGハリルホジッチ二電話をかけ、イビシェビッチのパリSG入団をサポートした。7月のセレクション参加選手も同様だ。合格選手をヨーロッパのクラブに呼びたい。選手の皆様の最高のプレーを期待している」

イーブロ氏紹介
1957年ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれ。抜群のテクニックを誇り、旧ユーゴスラビア(現在はクロアチア、セルビア、ボスニアなど7カ国が独立)で最高のタレント(年齢的にストイコビッチの先輩)と高評価を受け、U−19ユーゴスラビア代表キャプテンとして活躍し、U−21ユーゴスラビア代表に昇格し、祖国のために全力を尽くした。 
ドイツやイングランドと並ぶヨーロッパの屈指のリーグだった旧ユーゴスラビアリーグの名門FCチェリックで、公式戦500試合以上の出場を誇り、旧ユーゴスラビアでは知らぬものがいないほどの英雄であり、現役時代に幾度となく対戦したハリルホジッチ日本代表監督、ミハイロ・ペトロヴィッチ浦和レッズ監督とは数十年来の固い友情関係を築いている。 
1991年、スウェーデンのIFKアッシリスカで輝かしい現役時代にピリオドを打ち、その後は指導者に転進。古巣のFCチェリクでタイトルを総なめにする名采配を見せ、U-21ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の指揮を執ることに。 

img_20170601-130216.jpg
img_20170601-132252.jpg
当時無名だったエディン・ジェコ、ヴェダド・イビシェビッチ、ミラレム・ピアニッチらを抜擢。国民の反発に遭いながらも、揺ぎ無い信念を貫き起用。ワールドクラスのスーパースターに育て上げるスペシャリストして知られる。 
イビシェビッチに関しては、親交の深いハリルホジッチ氏に連絡し、当時指揮していたパリSG入団をアレンジした。 
ハリルホジッチ氏、ミハイロ・ペトロヴィッチ氏を始め旧ユーゴスラビア諸国の監督、強化部長、役員の数多く殻絶大な信頼を寄せており、イーブロ氏が認めた選手は、プロ選手としてヨーロッパで活躍できると言っても過言ではない。

アクセス数
ページビュー数
QRコード
携帯用QRコード