世界の森本高史プロフィール

 
【PROFILE 】
森本高史(もりもとたかし)
プロデュース:FKアウダ・ラトビアセレクション
1978年東京生まれ。
--------------------------------------------------------------------------
学生時代から世界中で愛されるサッカーをとことん追求するため、学業と並行し、
運送業者、郵便局、交通量調査などのバイトを行い、サッカー海外観戦の旅へと出た。
 
96年アトランタ五輪最終予選(マレーシア開催、前園の活躍で28年ぶりの五輪本大会出場)、
98年フランスワールドカップ予選プレーオフ、日本VSイラン(岡野選手のゴールで日本代表、
史上初のワールドカップ本大会出場)、98年フランスワールドカップ本大会、EURO2000、
チャンピオンズリーグ、UEFAカップ、フランスリーグ、ポーランドリーグ、チュニジアリーグ
などを現地観戦。
 
 
 
※森本高史はアフリカのアンゴラを訪問した際、現地のサッカーファンと交流した
 
立教大学在学中の99年、サッカー界に新たな風を吹かすべく、
墨田下町蹴球団というクラブを創設。
千葉県社会人リーグ、天皇杯千葉県予選に監督として指揮を執り、
ときには選手としてプレーした。
Jリーグ昇格という目標を掲げ、元清水エスパルスの天皇杯、
ゼロックスーパーカップ優勝監督のズドラヴコ・ゼムノヴィッチ氏を招聘したり、
柏レイソルの練習生の肩書を持つアフリカ人選手を加入させるなど
社会人チームの枠を超えたマネージメントを発揮した。
 
大学4年生になっても就職活動は一切しなかった。
なぜならば、フットボールジャーナリストとして
フリーランスとして生きていくことを決意したから。
数多くのメディア媒体に自分自身を売り込んだが、
フットボールジャーナリストの実績は0であるため困難を極めた。
 
しかしながら、ネバーギブアップの精神で活動を続け、
01年11月日韓ワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフ、スロベニアVSルーマニアの
マッチレポートをインターネット媒体「FCJAPAN」での掲載が決定し、
プロフェッショナルとしての第一歩をスタートした。
 
 
 
※国際試合 ブラジルVSアルゼンチンの取材パス
 
 
 
その後、週刊サッカーダイジェスト、ワールドサッカーダイジェスト、NUMBER、
SPORTS YEAH、スポーツニッポン、報知新聞などの媒体で記事を執筆。
FIFAドイツワールドカップ公式サイト、東アジアサッカー連盟公式サイトなど
オフィシャルの仕事も数多くこなした。
 
ワールドカップ2回、アジアカップ2回、アフリカネーションズカップ4回、
北中米カリブ海選手権3回、東南アジア選手権3回など国際的な大会の取材を精力的にこなした。
ウクライナのサッカー専門誌「Pan Football」、UAEのスポーツ雑誌「SUPER」、
西アフリカのベナンの文化雑誌にも英語もしくはフランス語で記事を寄稿した。
 
 
 
※森本高史が立ち上げたモンゴルの少年サッカーチーム、FCデレン墨田 
 
 
「サッカーで得たお金をサッカーに還元する」という理念を掲げ、
09年11月モンゴルにて「FCデレン墨田」を立ち上げ、
モンゴルのサッカー普及、育成、サッカーを通しての青少年への教育、
ひいてはプロ選手を輩出することでモンゴルの貧困解消の貢献すべく、
森本高史の持ち出し(後に少しずつ支援者が増え、
温かい人によって支えられるクラブへと成長を遂げている)によって運営が行われている。
 
 
 
※ 左から森本高史、フィリピンサッカー協会会長、
U-21フィリピン代表監督ゾラン・ジョルジェビッチ、フィリピン代表団長
 
 
 
世界のサッカーへの貢献活動を推し進め、
12年1月フィリピンサッカー協会テクニカルコンサルタントに就任。
U-21代表監督にセルビア人指導者ゾラン・ジョルジェビッチを推薦、
フィリピンサッカー協会に承認され、就任に至った。
 
 
 
※左からFKアウダの選手、森本高史、GMリハルズ・ゴルクシュ、選手、会長ユリス・ゴルクシュ 
 
 
 
FKアウダのGMリハルズ・ゴルクシュと、11年夏にスウェーデンで会った。
FKアウダ(FK AUDA)のユースチームと、デレン墨田のユースチームが
スウェーデンの国際化大会に参加していた。
「ユース育成」、「トップチームの強化」、「地域に愛されるサッカーチーム」と
今後のビジョンを熱く語るリハルズ・ゴルクシュと意気投合。
 
森本高史が、12年11月にラトビアを訪問。
FKアウダの試合、練習場、クラブハウスのみならず、各クラブを訪問し、
ラトビアサッカーの現状を把握。
ブンデスリーガやプレミアシップなどの華やかな世界とは異なるものの、
FKアウダの選手、関係者、サポーターの燃えたぎる情熱に直に触れ、
またチーム強化のため日本人選手を必要としているFKアウダのため、
2013年2月8日(金)大阪、9日(土)千葉、10日(日)千葉でセクションをプロデュース。
 
森本高史は、世界のサッカーの発展のため日夜動いている。

img_20131202-143135.jpg
▲ 2013年11月28日、森本高史は在モンゴル日本国大使館特命全権大使(清水武則)を表敬訪問
--------------------------------------------------------------------------
★出演したテレビ・ラジオ番組
◆2010年9月 ……NHK・地球ドキュメントミッション「モンゴル・貧困からの脱出のキックオフ」
 ※約50分の特集番組が全国放送 
◆2011年12月……日本テレビ・ズームインサタデー 
◆2012年11月……FMおだわら・像の小規模なラジオ
◆2013年11月……モンゴル大手三大テレビ局のニュース番組

 
 
森本高史・トークイベント開催
FC墨田ウランバートル会長としてモンゴルの明るい未来を担う若者たちのために
全力を尽くしている森本高史の日本帰国に合わせ、2014年2月19日(水)に
日本から熱烈に応援してくださる皆様の前でトークイベントを開催します。
森本高史・トークイベント内容
【他ではに
絶対聞けない超面白世界サッカー話】
 
◆FC墨田ウランバートル現状報告・今後のビジョン
◆モンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ選手(タイ・クラビFC)
◆親友クリスチャン・カランブー
 (フランスワールドカップ優勝戦士、レアル・マドリー、サンプドリアで大活躍)裏話
◆カタール開催・世界最大のユース大会アルカス・インターナショナルカップ
 (柏レイソルU-15参加)現地視察報告
◆2022年カタール開催ワールドカップ特別報告
◆アジアサッカー
◆アフリカ・東欧サッカー
◆その他サッカー界のエピソード
 
【日 時】 2014年2月19日(水) 19:00〜21:00(受け付けは18:40から)
【場 所】 ROOMS(貸会議室)
      JR総武線、東京メトロ半蔵門線錦糸町駅徒歩3分
      〒130-0022 東京都墨田区江東橋2-18-8 第六ミナミビル 3F-302
【参加費】 モンゴルの明るい未来を担う若者たちへの支援費込
      3000円  ※当日受付でお支払いください。

※トークイベント終了後に参加者の皆様、森本高史との懇親会を開催予定です。
 トークイベントでは話せない面白いエピソード満載!
※懇親会も参加ご希望の方は、費用(お一人様6000円)を別途徴収させて頂きます。
 他では絶対に手に入らないスペシャルグッズ進呈!
 
▼FC墨田ウランバートル支援グッズ
【1】----FC墨田ウランバートル チームペナント1000円
【2】----モンゴル史上初のプロ選手・ムルン・アルタンホヤグ選手(タイ・クラビFC)
     直筆サイン入りユニホーム9900円
 
過去の森本高史トークショーはこちら
Sports navi.com prus
SUPPORTISTA

お申し込みフォームはこちら
 

過去の移籍と契約実績及び申込者の進路はコチラ↓

移籍と契約実績及び申込者の進路




img_20150514-120047.jpg
img_20170905-141728.jpg

最近の記事一覧

アクセス数
ページビュー数
QRコード
携帯用QRコード